コスプレカラコンの基礎知識

コスプレカラコンで失明・視力低下する?正しい使い方まとめ

初めてコスプレカラコンを使うとき、カラコンで失明しない!?視力低下するの!?と疑問に思いますよね。

今回はコスプレカラコンの病気とカラコンの正しい使い方についてまとます。目を病気から守る重要なことなので、しっかり覚えておくと自分の大切な目を守ることに繋がりますよ♪

カラコンで失明する?記事のサムネイル画像

 

カラコンで失明するって本当?

正しくカラコンを使っていれば失明することはありません

ニュースで報道されている失明してしまった人の話では「1枚のワンデーカラコンを6ヶ月間使用していた」とか「1日14時間カラコンをつけていた」「保存液を使わず水道水や自家製の保存液で保管していた」というかなり極端な使い方をされていたものでした。

そこまで極端な使い方をするコスプレイヤーさんはいないと思います。しかしカラコンを使う以上、炎症が起きたり病気になる可能性は0ではありませんので、正しい知識を持って病気を防ぎましょう

 

失明する原因

失明してしまう原因は大きく2つあります。

アカウントアメーバ角膜炎の感染…アカウントアメーバとは土や水道など人間にとって身近な場所に存在している原生動物です。健康な角膜に入り込むことはありませんので、普段目に水道水が入っても何も問題はありません。しかし角膜に傷があるとそこから侵入し感染してしまいます。

角膜血管新生…長時間コンタクトをつけることにより角膜が酸素不足になると、酸素を供給しようと角膜に血管が侵入してくる症状のことです。進行すると角膜が白濁し、重度になると視覚障害や失明してしまいます。

 

失明しないためにすべきこと

カラコンを正しく使用することが何より大切です。

正しいカラコンの使い方はこの記事の下部で説明しますので、そちらを参考にしてください。

 

カラコンで視力低下するって本当?

視力検査をしている画像
カラコン(眼鏡も)を使用することで視力低下をしてしまう可能性はあります

カラコンをせず裸眼の状態でも目の使い方が悪いと視力低下をしてしまいます。(だから度ありのカラコンを使ったり眼鏡をしますよね;)

 

視力低下の原因

目を酷使し、目の筋肉と言われている「毛様体筋」負担をかけ続けることが視力低下の原因です。

私たちが物を見るとき、毛様体筋が水晶体の厚さを調整してピントを合わせてくれています。

ですが長時間同じ場所を見る(パソコン・スマホ・ゲーム・本など)、暗い場所で物を見続ける、対象物との距離が近すぎる状態で見続ける、眼鏡やコンタクトの度数があっていない状態で使う…など、負担をかけ続けると毛様体筋の動きが鈍くなってしまいます。

そうなることで視力は低下してしまうのです。

また「酸素不足」も視力低下の原因の1つです。

酸素は目にとって大切な栄養の1つで、酸素がないと毛様体筋の衰えに繋がってしまいます。

 

視力低下しないためにすべきこと

コスプレカラコンの場合は「着用時間を守る」ことが何より大切です。

カラコンをつけている間は目に酸素が運びづらい状態になりますので、できるだけその時間を短くしてあげましょう。

 

カラコンの正しい使用方法

正しいコンタクトの付け方

手を洗っている画像

1,手が不潔なままコンタクトを触るのを避けるため、装着前に必ず手を洗います。ミューズやキレイキレイなどの消毒液を使うようにしてください。イベント会場などで消毒液がない場合や水が使えない場合は、消毒できるお手ふきなどを持参しておくと便利ですよ。

手を洗ったあとはペーパータオルでふくのがベストです。というのもタオルやハンカチだとそれらにもともとついている菌がつく場合や、とれた繊維が手につく可能性があるからです。

ですが基本的にペーパータオルはないと思うので、タオルなどをつかってふいてください。私もタオルを使ってます。

2,カラコンをケースから取り出します。念のためカラコンに傷や汚れがないか確認します。特に空中に浮いた小さな白いホコリが付着している場合があります。そのまま目に入れるとかなり痛いので、確認しておきましょう。

3,カラコンを持っていない手でまぶたを開き、カラコンを装着します。何度かぱちぱちして違和感がないか確かめてください。

 

正しいコンタクトの外し方

コンタクトケースの画像
事前にコンタクトケースコンタクト専用の保存液を準備します。ケースに保存液を7~8割程度入れておきます。(満タンに入れるとキャップを締めるときに液が漏れてしまったり、カラコンがキャップにひっかかって破れる原因になります)

1,装着時と同様に手を清潔にしてから外すようにしてください。どうしても手洗いができない・お手ふきなどがない場合はそのまま外してもかまいません。

2,保存液でレンズ両面を洗い流します。こうすることでカラコンについた汚れや菌を落とします。

3,ワンデー以外のカラコンの場合、カラコンのこすり洗いをします。指の腹にカラコンを置き、破ってしまわないように優しくこすりましょう。

 

使用期限を守る

ワンデー、1ヶ月使用、1年使用のカラコンがありますが、全てにおいて使用期限を守るようにしましょう。

ワンデーだと「いっかい外してもういっかいくらい使えそう」とか、1ヶ月使用だと「もう1週間くらい大丈夫だろう」と考えがちです。

しかしカラコンは使えば使うほど耐久性・酸素透過性が落ちます。乾燥もしやすくなり、ずっと使い続けていると新品時よりもパリパリに硬くなってしまいます。そのまま目に入れると目に傷がつく可能性があります。

もったいない気持ちはものすごくよく理解できますが(私もワンデーを3日使う、とかやってしまっていましたので…)、自分の目を守るためにも期限を守りましょうね。

 

ケースは毎回洗う

1度保管しておいたケースは保存液を捨て、水道水で洗いましょう。洗ったあとすぐに保存液を入れるのではなく自然乾燥で乾かします。水道水がついたままケースを使うのは絶対にやめましょうね。

 

保存液はつぎたさない

上記とかぶりますが、保存液は毎回新しいものを使いましょう。ついついつぎたして使ってしまいますが、中に菌が残っている可能性があります。新しいものを使うようにしましょう。

 

水道水は使わない

「失明する原因」にも書きましたが、水道水で洗ったり保管することは絶対にやめましょう

水道水に入っているアメーバに感染してしまう可能性があります。目(角膜)に傷がある場合は症状が重度になってしまうかもしれません。

 

イベント会場へコンタクト保存グッズを忘れたとき

コンタクトセットの画像
1日だけ使える簡易のコンタクトケースと専用の保存液がセットになった商品がコンビニで販売されています。どこでも売っていますので、緊急時には頼りになりますよ♪

 

以上、カラコンの病気と正しい使い方についてまとめました。過度に失明や病気を恐れる必要はありません。正しい使い方を覚えて、目の健康を守りつつコスプレを楽しみましょうね♪


当サイトでは人気カラコンランキングも紹介しております。カラコンを選ぶときは参考にしてみてくださいね♪

-コスプレカラコンの基礎知識